住宅ローンを組んだり借り換えの相談先は?

住宅ローンの月々の返済やトータルの支払い額は、どの金融機関を選んだかによってかなり差が出てきます。
なぜならば、金融機関によって金利が大きく異なっているからです。
金利が1%の金融機関と3%の金融機関とでは、発生する利息が3倍も違います。
住宅ローンは一般的に利息だけで数千万円も支払うことになりますから、金利の差による利息の差額はかなり大金になります。
さらに事務手数料や保証料なども、金融機関によって設定が異なっています。
数十万円ですむところもあれば数百万円かかるところもあります。
ですから住宅ローンを組んだり借り換えをおこなったりする際には、まずは銀行やファイナンシャルプランナーなどに相談をした方が良いです。
各金融機関が設定している金利や手数料についての説明をしてくれたうえで、どのような形で借り換えなどをおこなえば最も負担が少なくなるかを教えてくれるのです。
住宅は高い買い物ですから、自分ひとりで安易に決めてしまわないで、専門家に相談しながら慎重に話を進めていきましょう。
手数料が安い銀行で住宅ローンの借り換え