新生銀行のつなぎローンには保証人がは必要?

最近では住宅ローンも金融機関によっては原則として保証人を設定しなくても良かったり担保も不要というところもありますが、新生銀行グループのアプラスでつなぎローンを組む場合には保証人と担保が必要になってきます。
保証人は基本的に住宅ローンの連帯保証人予定者が、「アプラスブリッジローン」の連帯保証人になります。
また土地購入代金につなぎローンを利用する場合にはの、アプラスを第1順位とする抵当権を設定する必要があります。
アプラスのブリッジローンは保証人や担保が必要になりますが、土地購入などのつなぎローンを受けられる金融機関自体が少ないので、こうした設定はいた仕方ないものがあるかもしれません。
ただ、つなぎローンも住宅ローンの一部と考えればそれほど抵抗はないでしょう。
新生銀行の住宅ローン借り換えのデメリットは?