光ケーブル高速通信ネットワーク

これが今、光回線に取って代わられようとしています。
光回線とはインターネット専用の回線で、光ファイバーケーブルが使われています。
光ケーブルとは、ガラス製のケーブルの中を光を伝達させることでデータ通信させるケーブルです。
光ケーブルがインターネット通信に使われるようになって、より大容量のデータを行き来させられるようになりました。
この光ケーブル、光インターネット回線だけでなくさまざまな技術に応用されています。
また、災害時の救援作業時に遭難者を探すファイバースコープや、オーディオ用のケーブル、インテリアのイルミネーションなどにも使われています。
光ケーブルを日本中の町中に張り巡らすことによって、より高速な正確な通信ネットワークが構築されてきたのです。
オンラインゲームもデータ通信量の大変多いサービスです。
この先発展が期待されているクラウドコンピューティングも、パソコン上のデータをサーバーにアップしたり、サーバー上のデータをダウンしたりと通信データが増える技術です。
上り下りの速度が同じ光回線が役にたつ時代といえるでしょう。
同じように、インターネットも上り下りの双方向データ通信が発達し、情報循環がよくなればなるほど活発な世の中になっていくでしょう。